女性の性病はおりもので判断しよう

健康状態を調べる人
健康状態を自分自身で見るバロメーターとして、私たちは血圧を測ったり体温を測ったり尿の色を見たりします。それ以外にも、女性の場合はおりものの状態を見ることで性病や婦人科疾患の早期発見に繋がることがあります。
個人差はありますが、正常なおりものは、透明や白っぽい色をしています。乾くと薄いクリーム色になります。膣の中は酸性なので甘酸っぱい臭いがあります。特に生理前は臭いが強くなります。

おりものの量は、排卵期や生理前は増える傾向があります。ストレスや疲労でも増えます。年齢や体調によってもおりものの量は変化しますが、生理ナプキンが必要になるほど多いのは異常と考えるのが妥当です。
性病や婦人科疾患になると、おりものに変化が現れます。おりものを観察しているといち早く異常をキャッチすることができます。
ヨーグルトやカッテージチーズのようなポロポロとしたおりものになった場合は、カンジダ膣炎の可能性があります。かゆみもあれば可能性はますます高くなります。
くすんだ黄色っぽいおりものがたくさん出た場合は、淋菌感染症の可能性があります。悪臭を伴うことも特徴です。

白っぽいサラサラしたおりものが増えた場合は、クラミジア感染症が疑われます。この場合のおりものの量の増え方は流れ出るような増え方で、生理ナプキンが必要なくらいになります。下着からにじみ出る程度ではありません。

魚が腐ったような悪臭がするおりものの場合は、雑菌が増えていることが考えられます。膣内にタンポンを入れたままにしていないか確認しましょう。

泡状の悪臭の強い黄色や黄緑色、時には白いクリーム状のおりものが増えた場合も性病による膣炎が疑われます。外陰部にかゆみを伴うこともあります。

おりものに血が混じる場合は、排卵日ということも考えられますが、排卵日とは考えにくい日に血が混じっている場合は、子宮内膜炎の可能性があります。
このようなおりものの異常を感じた場合は性病に罹っている可能性もあるので、婦人科を受診しましょう。

おりものの異常は子宮頸がんという可能性もある

その他に、性病以外にもおりものの異常から女性特有の病気が発見できることもあります。水っぽいおりものが流れ出るくらいに増えた場合は、卵巣嚢腫の可能性も考えられます。
また、茶色やピンク色のおりものが出たり、排卵日ではないのに血が混じっている場合は、子宮頸がんの可能性も否定できません。おりものと言うよりは不正出血の可能性もあります。

子宮頸がんの不正出血は接触出血と言って、性交時の出血が多いです。性交時や性交後におりものが茶色やピンクになっていた場合は、不正出血と考えるのが妥当です。
子宮頸がんの可能性もあると聞くと、怖くて婦人科を受診することが出来ないと言うも少なくないようですが、怖がりであるなら尚の事、早く受診することをおすすめします。
子宮がんは0期で発見できれば100%治ると言われています。1期でも適切な治療を受ければ、5年生存率も10年生存率も90%を軽く超えています。2期でも5年生存率は80%ほどです。早く受診すれば治ると言っても過言ではないくらいです。
一番怖いのは、うすうす気がついているのに受診せずにいて発見が遅れることです。
子宮頸がんは早期の場合は痛みなどの自覚症状はありません。最初に異変に気づくのは、生理ではないのに、不正出血があったりおりものが増えて悪臭があると言うことで婦人科を訪れます。

更年期の女性の場合、不正出血があってもそろそろ閉経する頃だから生理が不順になっているのだと思い込んでしまう傾向があります。しかし、閉経が近いからだと思いつつ内心は子宮がんではないだろうかと不安を抱えている人も多いです。
婦人科は敷居が高いかもしれませんが、不安を抱えているとそれがストレスになって体調不良を招くこともあります。更年期を迎えるのであれば、今後の相談も兼ねて気軽に婦人科を受診してください。
かかりつけの婦人科医を持つことは、女性の生活の質を高めることに繋がっていきます。