尿道炎になったら排尿時に激痛を伴う

尿道炎を発症した男性
尿道炎は、原因菌固有の潜伏期間を経て発症し、発症初期は痒みなどの軽微な違和感を感じる程度ですが、原因菌の繁殖や感染部位の拡大により白色から黄色の膿が出る様になり、排尿時に堪え切れないほどの激痛を伴う様になります。
膿の量は、下着に少し付着す程度から尿道から大量に出るなど個人差があります。尿道炎の治療方法は、原因菌に合わせてテトラサイクリン系の抗生物質やマクロライド系の抗生物質、ニューキノロン系の抗生物質が投与されています。
尿道炎は、男性も女性もクラミジア菌による発症率が最も高く、次いで大腸菌や腸球菌などの腸内細菌、皮膚や粘膜の常在菌、マイコプラズマ菌、ウレアプラズマ菌など1種類もしくは数種類の菌が発症原因となるケースがあります。
男性と女性では発症後の症状が大きく異なり、特に重症化すると男性は鼠径部のリンパ節の腫れや激痛を伴う精巣上体炎、女性は子宮頸管炎や卵管炎、腹膜炎などを併発する大きく異なります。
男性は、感染後数日~3週間の潜伏期間程度の経て発症し、尿道内での原因菌の急激な繁殖が掻痒感や残尿感などの不快感を感じさせ、次第に膿の量が増加する共に排尿時の激痛に襲われるので重症化する事無く治療を受けて完治する感染者がほとんどです。
尿道炎は、適切な処置を怠り重症化すると原因菌の感染部位が尿道だけで無く、射精管や精囊、精管まで広がる事で精管炎や精巣上体炎、前立腺炎などを発症し、男性の不妊症の原因となる無精子症や乏精子症を発症するリスクが高くなります。

女性は、排尿時に激痛や残尿感を伴う男性と異なり発症後の自覚症状が少ないケースが多く、多くの女性感染者のほとんどが発症に気付かず重症化してしまいます。
女性の尿道炎は、重症化すると膣から侵入し子宮頸管で繁殖した原因菌が、子宮頸管から子宮や卵管、卵巣などに感染部位を拡大し子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、骨盤内腹膜炎などを併発リスクを高めてしまい、卵管狭窄や卵管閉塞、チョコレート嚢胞などを引き起こし不妊症や流産の発症リスクも高めてしまいます。

女性は尿道炎と膀胱炎になりやすい

女性は、尿道炎や膀胱炎を引き起こす大腸菌などが侵入する尿道口と大腸菌の住処である大腸の出口となる肛門の距離が男性に比べて非常に近いので膀胱炎や尿道炎を発症しやすいとされています。
女性は、尿道が15cm~17cmの男性に比べて、3cm~5cmと非常に短いので原因菌が膀胱に到達し易く、必然的に男性よりも膀胱炎の発症リスクが高くなってしまいます。
膀胱炎には、一般的に膀胱炎と呼ばれる細菌による急性膀胱炎や基礎疾患による慢性複雑性膀胱炎、慢性膀胱炎の一種とされる間質性膀胱炎、ウイルスによる出血性膀胱炎などがあります。
一般的な膀胱炎の治療方法は、専門の医療機関で処方される抗生物質を3日程度服用すると症状が緩和及び改善され、体内の原因菌を完全に死滅させるために1週間程度継続服用しますが、症状の改善を自己判断し服用を中断すると体内の原因菌を完全に死滅させることができず、原因菌に耐性を持たせてしまうので原因菌を完全に死滅させるまで継続服用する必要があります。
間質性膀胱炎は、原因菌の繁殖による炎症が膀胱の粘膜深部の間質で発症している為、膀胱の痛みや頻尿、強い尿意などの自覚症状があるにもかかわらず、検査では異常なしの診断が下され適切な処置が遅れるだけで無く、抗生物質による治療方法では完治し難い特徴があります。

出血性膀胱炎は、ウイルスや鼻炎薬などに含まれる抗アレルギー薬などにより発症しますが、水分摂取を心掛ける事で排尿を促す事で予防出来ます。
治療方法は、膀胱持続灌流や高圧酸素療法、プロスタグランジンの投与などが行われていますが、アデノウイルスによる症状に対しては特効薬が開発されていないので自然治癒が行われています。