膣トリコモナス症は微生物が原因の性病

微生物
女性がかかる性病の1つとして膣トリコモナス症があります。原因としては原虫であるトリコモナス(チツホネマクムシ)に感染することがあり、性器内に入り込むことで炎症などを引き起こします。
膣トリコモナス症は、他の性病とは異なり、細菌ではなく原虫が原因となって病状を発症をします。トリコモナス自体は10~25ミクロン程度の大きさを持つ丁度洋梨のような形をした微生物であり、大きな特徴として水中であれば長時間生き続けることがあります。

一方、乾燥に関しては非常に弱い性質をもつ微生物でもあります。
膣トリコモナス症の主な原因には性行為がありますが、下着やバスタオル、バスルーム、トイレの便座、医療機関の診察台など性行為以外の感染経路も知られています。
そのためにセックスの経験がない女性や幼児にも症状が現れるケースがあり、他の性病にない特徴があります。
女性が膣トリコモナス症に罹った場合には、個人差はあるものの数日から1ヵ月程度が潜伏期間とされています。中には数年に渡って潜伏するケースもあり、年齢の高い人に感染が多く見られる原因と1つになっています。
膣トリコモナス症では、感染者の20~50%は自覚症状が無いとされています。しかし、半年以内にその1/3は症状が現れると言われており、具体的には、泡状で悪臭を放つ褐色または黄緑色の分泌物や、外陰部や膣の猛烈な痒み、刺激感、膣の炎症、膣からの出血などを上げることができます。特に分泌物の悪臭は膣トリコモナス症の大きな特徴になっており、他の性病と比べても顕著な症状になります。

症状で他の性病に比べて分泌物や痒みが強く現れるのには理由があり、トリコモナスがグリコーゲン(糖)を好物としていることがあります。健康な女性の場合には、乳酸棹菌という細菌が膣の粘膜細胞内にあるグリゴーゲンを乳酸に代謝することで膣内を適度な酸性に保ち、菌の侵入や繁殖を防いでいます。しかし、トリコモナスによってグリコーゲンが消費されてしまうことで膣内環境を良好に保つことができなくなり、悪化へとつながることになります。
注意が必要なのは、症状が現れないことで感染に気付かないことがあり、結果として炎症が卵管にまで拡大してしまうことです。また、最悪の場合、不妊や流産・早産のリスクが高まることにもなります。

膣トリコモナス症の治療薬や治療方法とは

膣トリコモナス症では、治療薬としてトリコモナスに効果的な抗生物質が使用されます。通常、2週間程度服用をすることで効果を得ることができ症状を治癒することが可能になります。
治療薬としてはフラジール(一般名:メトロニダゾール)やファシジン(一般名:チニダゾール)などが使用されており、抗トリコモナス薬として殺虫効果を持っています。
フラジールは一般名メトロニダゾールとして古くから使用されており、ほとんどの医療機関で治療の際には第一候補として選択されています。また、治療においては内服薬の他にも、膣に直接作用させる膣錠を使用する場合もあります。
服用に関しては基本的には10日間継続することになり、ここでの注意点としては、自己判断で中断をしないことがあります。必ず医師の指示に従う必要があり、きちんと服用をすることで再発のリスクを避けることができます。
治療薬の服用では、考慮が必要となるものとして副作用と禁止内容があります。フラジールの場合、副作用は少ないとされていますが、胃に不快感を感じたり、食欲不振や吐き気といった症状が現れることがあります。

また、下痢や血便、腹痛などの症状が続く場合もあり、その際には服用を中断し、医療機関を受診することが大切です。
フラジールでは重篤な症状を起こすことはほとんどないとされるものの、長期間の服用や大量服用をした場合には手足のしびれやろれつが回らないといった症状が現れることがあります。
この場合、中枢神経障害や抹消神経障害を起こしているために、直ぐに中止をするとともに受診が必要になります。また、痙攣を誘発させてしまうこともあり、痙攣持ちの人は、事前に医師に相談をするなど注意が必要です。
フラジールの服用に関しては、アレルギーや持病のある人、妊娠中の人、服用中の薬のある人は、事前に医師に伝えておく必要があり、脊髄や脳に病気を持っている人は服用をすることはできません。
また、肝機能に障害がある場合においても血中濃度を上昇させてしまうリスクがあるために、慎重に服用をすることが重要になります。