風邪と勘違いしやすい咽頭クラミジアとは

風邪
クラミジアは性病の一つとして名が知られていますが、症状が現れるのは性器部分に限ったことではありません。クラミジアの感染が喉に起こってしまった場合、のどの痛みや違和感など、風邪によく似た症状が現れてしまいます。
これが、咽頭クラミジアと呼ばれるものです。クラミジアは本来膣や喉、尿道など、粘膜接触によって感染がおこります。性行為はもちろんですが、キスやオーラルセックスでも十分に感染が予想されるため注意が必要になってきます。
喉に痛みや違和感がある場合、そして一般の風邪薬でなかなか症状が治まらないという場合には性感染症の疑いを持つようにしましょう。
医療機関を受診する場合には、内科でももちろん対応はできますが、性病科などより専門的な科を受診するのもおすすめです。
専用の検査などですぐに診断がつきますし、内科などで誤診が起こった場合、ただただ治療が長引く恐れもあります。特に、内科などで抗生物質が処方されることもありますが、これはあくまで扁桃炎や風邪に対する対処法です。
全てにおいて誤診だと断言できるわけではないものの、薬の効き目に効果が現れなかった場合にはできるだけ性病科などの専門性の高いところを頼るようにするのがおすすめです。

クラミジアは咽頭部に発生するもの以外でも、症状が現れにくく自覚症状が極端に少ないことで知られています。中には感染していること自体に気が付かず日々の生活を送っている人もいるほどです。
こうした自覚症状がほとんどないという特性があるからこそ、知らず知らずのうちに恋人や家族にその感染を許してしまうという現実があります。
症状が疑われる場合には早急に検査を受ける事、そして感染のリスクがあるのであれば粘膜同士の接触を控え、恋人や家族、相手側への配慮も徹底していくことが大切です。
愛情表現は大切ですが、それも相手の健康あってこそ、この配慮を徹底することで安全な関係を築くことができるわけです。

自覚症状がないので家族や恋人に感染してしまう

咽頭クラミジアは先にも挙げたように、症状が一般的な風邪とよく似ています。のどの痛みや発熱など、症状だけをみて市販の風邪薬で対応してしまうという人も少なくありません。
たとえ、医療機関を受診したとしても、その医療機関が内科であれば普通の風邪だと診断されてしまうこともあります。
どうしてこうした誤診が起こってしまうのでしょうか。実は、咽頭クラミジアは専用の検査道具がなければ診断することができません。そのため、一般的な内科では診断が難しく、医師も気が付かないまま風邪だと誤診されてしまうわけです。
処方された薬を飲んでいるのにも関わらず、なかなか症状が改善されないという場合には性病に感染している可能性もあるため注意が必要です。
咽頭クラミジアは基本的にオーラルセックス、粘膜同士の接触によって感染することが多いとされています。咽頭部の場合、女性が男性側に行うフェラチオによって喉の粘膜に感染が起こります。

クラミジアは感染しても症状が現れにくく、多くの人は感染していること自体に気が付いていません。
そんな中、咽頭クラミジアでも症状に気が付かず、そのまま放置してしまう人も出てきてしまいます。咽頭クラミジアは症状が治まったからといって完治しているというわけではありません。
もしかすると知らず知らずのうちに家族や恋人にキスなどの接触行為で感染させてしまうリスクもあります。
もしも少しでも症状が現れている場合には、さらには感染しているかもしれないと思っている場合には早めに咽頭クラミジアかどうかの判断をしてもらうのがおすすめです。
その判断で自分自身が楽になりますし、何より家族や恋人に何の気兼ねもなくキスを贈ることができます。